Are you the publisher? Claim or contact us about this channel


Embed this content in your HTML

Search

Report adult content:

click to rate:

Account: (login)

More Channels


Showcase


Channel Catalog


Articles on this Page

(showing articles 2361 to 2380 of 2524)
(showing articles 2361 to 2380 of 2524)

Channel Description:

こんにちは。ドイツ在住中に出逢ったバラックが、大好きになりました。主に、バラックとサッカーとドイツについて書いています。よろしくお願い致します。(^O^)/

older | 1 | .... | 117 | 118 | (Page 119) | 120 | 121 | .... | 127 | newer

    0 0

    静養のため16日から静岡県下田市の須崎御用邸に滞在していた皇太子ご一家は21日夕、帰京されたそうです。


























    来週は、那須?叫び

    ここ1年は、この愛子さまが活躍ですね!













     










    「liebeballack」の画像検索結果






    相変わらず、真っ白なスケジュール!























    0 0

    <天皇杯4回戦 鳥栖3-0神戸(22日・ベストアメニティスタジアム)>



    天皇杯 JFA 第98回全日本サッカー選手権大会・ラウンド16が22日に行われ、サガン鳥栖とヴィッセル神戸が対戦したそうです。


    今夏Jリーグ参戦で話題を呼んでいるフェルナンド・トーレス(鳥栖)、アンドレス・イニエスタ(神戸)はともにベンチスタート。


    37分、福田晃斗のキープから左サイドをオーバーラップしてきた三丸拡が低いクロス。これが渡部博文に当たってゴールに吸い込まれ、鳥栖が先制に成功。後半に入り50分、高橋義希のフィードに反応した安在和樹がゴールに流し込み、鳥栖が追加点を奪います。


    追いかける神戸は56分、ウェリントンに代えてイニエスタを投入。鳥栖は64分にトーレスがピッチへ。ついに元スペイン代表の両者が日本で同じピッチに立ちます。すると84分、福田がタッチライン際で粘り、走り込んだトーレスへ。トーレスが落ち着いて決めて、鳥栖が決定的な3点目を奪います。トーレスは待望の鳥栖移籍後初ゴールとなりました。


    試合は3-0で終了。鳥栖は3大会ぶりのベスト8進出となったということです。


























    トーレス!キタ━━━(゚∀゚)━━━!!!



























    ペタしてね



    0 0

    イニエスタの息子ちゃん、めちゃ可愛いですねー!

    「オハヨー」ですって!ラブラブ











    0 0

    フィギュアスケートのアイスショー「THE ICE」に参加した長洲未来(米国)がインスタグラムを更新。愛知で行われたショーに出演した、平昌五輪金メダリストのアリーナ・ザギトワ(ロシア)との2ショットを公開し、ファンを喜ばせていましたが、反響がさらに拡大。公開から1日で「いいね!」の数が1万5000件を超えたそうです。またザギトワが日本のアイスショーに出演する姿は母国メディアでも特集されています。


    愛知・長久手市で行われた「THE ICE」で華麗な舞いを披露した2人。長洲が公開したのは舞台裏の1枚。愛知で行われたこともあり、ザギトワが身に着けているのは中日ドラゴンズのユニホームでした。背番号は年齢と同じ「16」で「ZAGITOVA」のネーム入り。背番号を見せるように、バックショットでカメラ方向を向きなおしています。実際のショーには、さらに中日のマスコット・ドアラの耳もつけて出演していたそうです。


    長洲がこの写真を公開。ファンからは「可愛すぎる」「この国際的友情は私をハッピーにする」「2人のレジェンド」「女神たち」「愉快なクイーン」などとコメントが続々とつけられています。


    ザギトワは今回の愛知だけでなく、大阪でもアイスショーに出演。東京でもテレビ番組出演するなど、多忙なオフの一部を日本で過ごしています。その引っ張りだこの様子が、ロシア紙「スポーツビジネスオンライン」に取り上げられるなど、16歳は夏場でも変わらぬ注目度を誇っているということです。
























    ザギトワちゃん、めちゃ可愛いですね!ラブラブ

    てか、長洲未来。。。随分雰囲気が変わったような。。。叫び











    ペタしてね




    0 0

    皇太子ご一家は、25日午後2時半前に、新幹線で栃木県のJR那須塩原駅に到着されたそうです。駅前では、地元の人や観光客などおよそ250人が出迎え、皇太子ご夫妻と水色のワンピース姿の愛子さまは、笑顔で手を振って応えられました。そして、皇太子ご夫妻は、集まった人たちに「暑いですが大丈夫でしたか」などと親しく言葉をかけられたそうです。


    学習院女子高等科2年生で夏休み中の愛子さまは、訪れた人から、この夏イギリスで参加した英語教育のサマースクールについて尋ねられると、「とても楽しかったです」と答えられていました。


    ご一家と言葉を交わした地元の小学4年生の女の子は「初めてお話ができてうれしかったですが、緊張してしまいました」と話していたそうです。


    このあとご一家は、栃木県那須町にある那須御用邸に入り、愛犬の「由莉」とともに敷地内を散策されました。ご一家は「由莉」をなでたり、花を見たりしながらにこやかに会話を交わされていたそうです。


    愛子さまは、報道陣から那須で楽しみにしていることを尋ねられると、「全部楽しみですけど、那須の自然に触れるのがいちばん楽しみです」と答えられました。


    皇太子さまは9月1日まで、雅子さまと長女愛子さまはその後数日間滞在するということです。
























    やはりまた静養ですか。

    お手振りと、静養だけは欠かしませんね。叫び







     


























     






    「liebeballack  影子」の画像検索結果






    0 0

    <8.24 U-20女子W杯決勝 U-20スペイン 1-3 U-20日本>



    U-20女子ワールドカップは24日、フランス・バンヌで決勝戦を行い、ともに初優勝を狙うU-20日本代表とU-20スペイン代表が対戦したそうです。劣勢だった前半に先制点を奪った日本は後半にも2点を奪取。3-1での快勝でフィニッシュを飾り、世界で初めての女子W杯全世代制覇を果たしました。


    2011年にはフル年代のW杯を制し、14年にU-17年代が世界の頂点に立った日本代表にとって、U-20年代で優勝すれば3世代でのW杯制覇。これまでその偉業を成し遂げた国はなく、壮大な夢に挑戦する“ヤングなでしこ”がこの日、準決勝で開催国フランスを破ったスペインとの決戦に臨んだということです。
























    女子サッカー界で史上初のW杯全カテゴリー制覇の快挙を成し遂げましたね!クラッカー

    ちなみに、25日女子サッカー・アジア大会で本家なでしこジャパンは、前回Vの北朝鮮との「事実上の決勝戦」とも言える準々決勝を制し、4強進出を決めたそうです。







    Senior「なでしこジャパン」: 2011年優勝。



    U17「リトルなでしこ」: 2014年優勝。  


     

     

    今回、U20「ヤングなでしこ」: 2018年優勝。




    スペインスポーツ紙最大手2社の一面トップは、24日のU20女子ワールドカップ決勝戦一色だったそうです。



     



    そしてこちらは、

    日本の人気漫画「キャプテン翼」は、イタリアやスペインなどの欧州から南米や中東まで世界中で人気を博しています。アルゼンチン代表FWリオネル・メッシ(バルセロナ)をはじめ、日本でプレーする元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタや元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキ(ともにJ1ヴィッセル神戸)らもファンと公言するなか、スペイン女子代表FWも魅了された一人のようです。公式インスタグラムに、スペイン女子代表FWソニア・ベルムデス選手が、海外で出回っていると見られる“キャプテン翼仕様”の日本代表ユニフォームの写真を投稿しているそうです。








    ペタしてね


    0 0

    8.26 J1第24節 鳥栖 3-0 G大阪 ベアスタ>




    サガン鳥栖は26日、J1第24節でガンバ大阪と本拠地で対戦し、3-0で快勝を収めたそうです。元スペイン代表FWフェルナンド・トーレスはこの日2アシストを記録すると、後半41分には待望のリーグ戦初ゴール。全得点に絡む活躍で、勝利の立役者となりました。


    16位鳥栖と17位G大阪によるJ1残留争いの直接対決となった“崖っぷち”の一戦。鳥栖は前節で同じく残留争いを演じる名古屋グランパスに0-3と痛恨の大敗を喫した一方、G大阪も宮本恒靖監督の就任以降、1勝3分2敗と思うように勝ち点を積み重ねることができない状態が続いていました。


    鳥栖は4-3-2-1のクリスマスツリーシステムで臨み、G大阪は4-4-2システムを採用。試合は序盤から両チームともに守備から入る膠着した展開が続き、前半をスコアレスで折り返しました。


    しかし、後半早々に試合が動きます。後半3分、FW小野裕二が敵陣でボールを受けると、トーレスに縦パスを供給。それをトーレスが丁寧に落とすと、小野が右足で強烈なダイレクトシュートを放つ。これが相手DFに当たり、ゴール左へと流れ込んだそうです。


    勢いに乗る鳥栖は同14分、ロングフィードに競り勝ったトーレスがFW金崎夢生へボールを渡すと、ワンツーで再びボールを受けます。右サイドで前を向き、再びボックス手前に構えていた金崎にパスを供給すると、これを金崎がダイレクトで左足を一閃。ゴール左隅に突き刺さり、移籍後初ゴールとなる追加点を奪いました。


    そして待望のシーンは同41分に訪れます。カウンターの場面でMF福田晃斗がクロスを上げると、ゴール前で構えていたトーレスがダイビングヘッドを突き刺し、公式戦2試合連続となる一撃でJリーグ初ゴールを記録。ゴール直後には、トーレスの真骨頂でもある、両手で弓を射るゴールパフォーマンスを披露し、会場を大いに沸かせたそうです。


    試合はこのまま3-0で終了。“神の子”トーレスが貫禄の1得点2アシストを記録し、残留争いの命運を握る大一番でチームを救う大車輪の活躍を披露してみせたということです。
















    やりましたね!クラッカー


















    <8.26 J1第24節 神戸0-2横浜FM ノエスタ>



    J1リーグ24節のヴィッセル神戸対横浜F・マリノスの一戦がノエビアスタジアム神戸で行なわれ、横浜が2対0で神戸に勝利したそうです。


    神戸は注目の元スペイン代表のアンドレス・イニエスタ、元ドイツ代表のルーカス・ポドルスキが先発。さらに、ブラジル人FWウェリントン、韓国代表GKキム・スンギュ、カタール代表DFのアフメド・ヤセルと外国籍選手5人が先発しました。一方の横浜は久保建英が、移籍後リーグ初先発を果たしています。


    試合は立ち上がりから手堅い試合運びを見せ、ともにゴールは遠い展開。それでもイニエスタは時折キラリと光るプレーでスタンドを沸かせます。


    久保は味方からパスを引き出すものの、神戸守備陣の堅守に阻まれシュートまでは持ち込めません。前半は山中亮輔の鋭いクロスなどでチャンスを作った横浜がやや優勢に試合を進めました。


    試合は後半、神戸は左サイドバックの橋本和に代えて、タイ代表DFのティーラトンを投入。これで神戸は、Jリーグ史上初めて外国籍選手を6人同時にプレーさせることとなりました。


    そしてゲームの均衡を破ったのはアウェーの横浜。17歳の久保についに待望の一発が生まれます。56分、右サイドの松原健からの折り返しのパスを受けた久保がワントラップから左足での豪快なハーフボレーを叩き込みます。バルセロナのカンテラ出身である久保が元バルセロナ、イニエスタの眼前で放ったJ1リーグ初ゴールで、横浜が先制しました。


    さらに横浜は途中出場の仲川輝人が85分に試合を決める追加点。横浜はこのまま2点のリードを守り切って、3試合ぶりの勝利を手に。一方の神戸はイニエスタ先発の試合では初めての黒星となったということです。
      















    ペタしてね




    0 0

    <インターリーグ エンゼルス10―7ロッキーズ(2018年8月27日 アナハイム)>



    エンゼルスの大谷翔平投手(24)は27日(日本時間28日)、本拠地アナハイムでのロッキーズ戦に「4番・指名打者」で先発出場。4回無死二、三塁の第2打席で15号逆転3ランを放つなど5打数2安打3打点、2得点だったそうです。エンゼルスは10―7で競り勝ち、連敗を6でストップしました。


    2回の第1打席は左飛。0―2の4回は1番カルフーンからの3連打で1点を返すと、なお無死二、三塁の場面で大谷がグレイの2球目の直球を左中間へ弾き返し、豪快な逆転3ランとしました。ダイヤモンドを一周した大谷は、ホームで同僚フレッチャーとゲームキャラクター「マリオ」のポーズを決めたそうです。6回無死での第3打席は投ゴロ。


    エンゼルスは8回に6番手ジョンソンがロッキーズのルメーヒューに逆転満塁弾を浴びて5―7と試合をひっくり返されましたが、その裏に2安打&5四球に相手失策も絡んで一挙5点を挙げて再逆転に成功。大谷は無死一塁から左前打を放って一、二塁とチャンスを広げると、プホルスの四球で二塁へ進み、シモンズの右犠飛で三塁へ。6―7の2死満塁からヤングの2点適時打で同点のホームを踏んだそうです。2死満塁でこの回2度目の打席が回りましたが、元阪神の呉昇桓を相手に見逃し三振。初球の速球を捉えて満塁弾かと期待させるような大飛球を放ちましたが、ファウルとなりました。


    大谷はこの日の試合前、右肘の故障後3度目の実戦形式に登板。非公開で行われ、球団によれば3回で50球、マイナーの左右の打者に投げたそうです。経過が順調なら、最速で9月3日(同4日)からの敵地レンジャーズ3連戦で投手として復帰できる可能性が高まるということです。


























    すごいですね!クラッカー
















    0 0

    <J1リーグ24節]神戸0-2横浜/8月26日/ノエビアスタジアム神戸>
      


    元バルセロナのふたりが共演を果たしたそうです。ヴィッセル神戸のアンドレス・イニエスタと、横浜F・マリノスの久保建英です。


    イニエスタは12歳でバルセロナのカンテラ(下部組織)に入団し、22年をこのスペインの名門で過ごしてきました。トップチームではキャプテンを務めた、言わずと知れた“バルセロナの象徴”です。

      
     一方で久保も10歳でバルセロナの下部組織に加入すると、13歳までプレー。クラブの18歳未満の外国人選手獲得・登録違反により、公式戦の出場資格を失い、日本への帰国を決断するまで、ユースチームの主軸として活躍したそうです。
      

    両者の直接対決が注目を集めた一戦で、主役の座を掴んだのは久保でした。
      

    56分、右サイドの松原健からのパスをエリア内で受けると、トラップで軽く浮かせたボールに合わせて左足を一閃! ゴール右に突き刺し、自身J1初ゴールを奪ってみせました。
      
    イニエスタの目の前で決めた得点に、久保も少なからず特別な想いが沸いたようです。試合後、以下のように語っています。
      

    「まずイニエスタ選手は長年バルセロナのトップチームでやってこられて、自分は下部組織をかじったくらい。なので、元バルセロナ対決と言われてもおこがましいというか、天と地の差があると思っている。でも、その差を今日のゴールで1ミリでも埋められたなら、それはプラスになったんじゃないかなと」
      


    久保は8月16日にFC東京から新天地行きを決断し、嬉しい自身J1初ゴール。得点の心境を問われた久保は、「こんな早いタイミングでゴールできて、移籍してから良いこと尽くし」と言及。 「これがビギナーズラックにならないように頑張ります」と冷静に語ったそうです。


    久保は報道陣への取材対応を終えると、最後に自ら“リクエスト”を出したそうです。


    「久保君じゃなくて、久保建英でお願いします」


    10歳の時に名門バルセロナの下部組織の入団テストに合格した久保も、現在は17歳。昨年11月にはすでにプロ契約を結んでいます。さりげなくプロとしてのプライドを滲ませたのも、横浜FMでの日々で自信を取り戻しつつある証だろう。稀代の若きレフティーが秘めたる才能を開花させるのか――。シーズン残り3カ月でのプレーに、より一層の注目が集まりそうだ。





    J1のヴィッセル神戸に所属する元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタは、19世紀のアメリカの思想家・哲学者ラルフ・ワルド・エマーソンの著述を引用する形で、「成功」というものについて自身の考えを示したそうです。


    イニエスタは24日にインスタグラムの自身のアカウントで1枚の写真を投稿。「成功とは何か」と題されたエマーソンの言葉のスペイン語訳が記された書籍の1ページの写真とみられるものです。


    エマーソンは成功の定義として「よく笑うこと」「知性ある人々からの尊敬を勝ち取り、子供たちに愛されること」「他人の最も良いところを見つけること」「世界を少しだけ良くして去っていくこと」などいくつかを挙げています。


    バルセロナで通算32個のタイトルを獲得し、スペイン代表としても自身の決勝ゴールでのワールドカップ優勝を含めた主要国際大会3連続優勝を達成するなど、イニエスタはサッカーの歴史上でも最も成功に満ちたキャリアを過ごしてきた選手の一人だと言えます。そのイニエスタが考える「成功」というものがこれらの言葉で表されているということです。




























    なるほどですね!( ..)φ




    0 0

    めっちゃ山田孝之っぽい猫が発見されたと話題になっています。
























    想像以上に山田孝之ですよね!叫び












    0 0

    フジテレビ系アニメ「ちびまる子ちゃん」で知られる漫画家さくらももこさん(享年53)が死去し、28日付のスポーツ紙各紙が一面で伝えました。ニッカンに限らず、他紙もちびまる子ちゃんのイラストを大きくレイアウトしています。スポーツ紙で、こんなかわいい一面が並ぶのを見たのは初めてですよね。

    異色の紙面を見て、あらためて故人のキュートで偉大な功績がしのばれるということです。


























     

     

    もう、本当にびっくりしました。

    信じられません。

    哀悼の意を表し、お悔やみ申し上げます。













    ペタしてね




    0 0

    サッカー元ドイツ代表MFシュバインシュタイガーの送別試合が28日、古巣のバイエルン・ミュンヘンのホームのアリアンツ・アレーナで開催。超満員の7万5000人の観衆のもとで、現在所属する米MLSシカゴと、バイエルンの両チームの選手としてプレーしたそうです。感動を呼んでいるのが、ドイツ代表時代の盟友で、現在J1神戸に所属するルーカス・ポドルスキからの手紙です。ドイツメディアが詳細を伝えています。


    ドイツ代表で2014年にワールドカップを制するなど、長きに渡って代表をけん引してきたシュバインシュタイガーとポドルスキ。年齢もポドルスキが1つ下で、代表デビューも同じ2004年。まさに盟友関係にあります。今回の送別試合には、ポドルスキは参加できませんでしたが、代わりに遠く離れた日本から手紙をしたためています。


    ポドルスキの出身地である、ケルン周辺をカバーするドイツ大衆紙「EXPRESS」は「ルーカス・ポドルスキから送別試合に向けての手紙:バスティ、素晴らしい時間を過ごさせてもらった」と題して、ポドルスキがシュバインシュタイガーに送った感動的な手紙の内容を公開しています。


    「やあ、バスティ! 僕は今でも君と初めて会った時のことを覚えているよ。髪を金髪に染めてたよね。君は典型的なバイエルンの若者で、僕はケルンっ子だった。あれは2004年のU-21欧州選手権の時で、お互い、とにかくサッカーのしたいティーンエイジャーだったね」


    同紙によると、手紙はこう始まっているそうです。


    「その後、僕らはドイツ代表に選ばれて、(ミヒャエル)バラックや(オリバー)カーンの下で若手として、一緒に頑張って戦い抜いた。今は自信を持ってこう言える。当時の僕らはドイツの人たちを再び熱狂させることができた。それは、僕らが純粋にサッカーを楽しんでいたのが伝わったからだろうね」

     
    厳しい先輩にもまれながら、共にドイツ代表として戦ったことへの誇りを綴っています。


    さらにはピッチでもプライベートでも親しい関係にあったこと、ポドルスキがバイエルンに移籍し、クラブでもチームメートになったときに、手助けしてくれたこと、家族ぐるみの付き合いとなり、1年前のシュバインシュタイガーの結婚式に参列したことなど、思い出を回想しています。


    「バイエルンが送別試合をやってくれるのも、君がそれに値するだけのことをやってきたからだよ! 僕からすれば、君はバイエルンの偉大な選手、フランツ・ベッケンバウアー、オリバー・カーン、ゲルト・ミュラー、フィリップ・ラームに肩を並べる存在なんだ」


    親友へ最大限の称賛を告げ、そして「君のような友だちがいてくれて本当にうれしい! 今はシカゴと日本だけれど、またどこかで出会うはず。シュバイニーにグッドラック、君のポルディより!」と締めくくっています。


    ポドルスキの心のこもった感動的な手紙、シュバインシュタイガーとの友情を別のドイツメディアも続々報道しているそうです。


    ドイツ放送局「RTL」電子版は「さよならバスティ! ルーカス・ポドルスキがバスティアン・シュバインシュタイガーに感動の手紙」と題して記事を展開。またヤフーのドイツ版も「鳥肌モノ! ポドルスキがシュバインシュタイガーに感動の手紙」と伝えています。


    親友へのリスペクトがあふれるポドルスキのメッセージに、ドイツは感動に包まれているということです。
























    私がドイツ在住時、シュヴァとポドルスキとラームとクラニィは4人でジャムのCMやってました。
    てか、バラックがいたから、当時のドイツ代表は熱狂的な支持を集めていたのですがラブラブ












    0 0

    プレーだけでなく、ファッションでも注目を集めるテニス選手のセリーナ・ウィリアムズ。

     

    8月27日に開幕した全米オープンテニスの初戦でも、攻めのファッションで話題をさらったそうです。

     

    この試合の数日前に、全仏オープンで着用した体に密着するウェア「キャットスーツ」について、苦言を呈されたばかりのウィリアムズ。27日の試合では、バレエの衣装であるチュチュを着てテニスコートに登場したそうです。

     

    チュチュに合わせたのは、ワンショルダーのトップスと着圧網タイツ、そしてシルバーのスニーカー。シックな装いで試合に臨みました。

     

    チュチュは、ルイ・ヴィトンメンズ部門のアーティスティックデザイナー、ヴァージル・アブローとナイキが手がけた特注デザイン。

     

    試合後の会見でウィリアムズは、「片方の腕が自由だと空気抵抗が少ない。チュチュもプレーしやすい」とコメントしたそうです。

     

    ファンも、「セリーナ・ウィリアムズが、めちゃくちゃかっこいい」「この装いは、勝利に値する」「全仏オープンがテニスにエリート主義を持ち込んだ一方で、セリーナ・ウィリアムズはチュチュを着て全米オープンで話題をさらっている」など、チュチュで試合を戦ったウィリアムズに喜びや賞賛の言葉を送っているということです。






















    素敵な装いですね!合格
    てか、産後のケアのための「キャットスーツ」が「ダメ」というのは納得いかないかもですね。



























    ペタしてね



    0 0

    静養のため8月16日から静岡県下田市の須崎御用邸に滞在していた皇太子ご一家は21日夕、帰京されました。(今日現在は那須で静養中)


    この時の雅子さまの高笑いがあまりにも異常だと『皇室全般画像掲示板』で話題になっています。













    ひぇ~~~!(((゜д゜;)))ですよね。

     

    そんなに皇后になるのが嬉しいのでしょうか。

     

    てか、お薬でハイになっていらっしゃる?叫び

     


     













    8月4日の夜、秋篠宮家の長女・眞子さまと婚約が内定している小室圭さんが、アメリカ・ニューヨークのロースクールへの留学を前に秋篠宮家のある赤坂御用地を訪れたそうです。

    多くの報道陣が待ち構えていたのは、赤坂御用地にある6つの門のうちの『巽門』。秋篠宮邸のすぐ近くにあり、秋篠宮ご一家が出入りされるのはもちろん、宮邸を訪れるほとんどの人が使います。

    小室さんもこれまではこの門から出入りしていたそうです。ただ、報道陣は万一のことを考えて、秋篠宮邸へのアクセスがいい『鮫が橋門』や『東門』にも人員を配置していました。


    ところが小室さんはそのどの門も通らず、『東宮御所正門』を通って赤坂御用地に入ったそうです。


    そして、この日小室さんが使ったワゴン車も東宮家のワゴン車(『日産セレナ・品川501さ9047』)だと言われています。


    小室家と東宮家は何か関係があるのでしょうか?

    小室さんの一件で眞子さまや秋篠宮家の権威が失墜しつつあるのは事実ですが。。。叫び








    小室母と雅子さま、何か共通するものがあるような。。。叫び




















    ペタしてね





    0 0

    秋篠宮家の次女佳子さまは2日、茨城県つくば市にあるつくば国際会議場を訪れ、世界各国の高校生らがプログラミング技術を競う大会「第30回国際情報オリンピック」の開会式に出席されたそうです。


    式典で佳子さまは英語であいさつに臨み、集まった高校生らに「お互いにベストを尽くして、頑張ってください」とエール。各国の代表団が紹介されると、笑顔で拍手を送りました。終了後には、日本代表の高校生らと交流の場も設けられたそうです。


    大会は約80の国と地域から高校生らが参加。日本代表は昨年のイラン大会で初めて、獲得メダル数と総得点がトップとなっているということです。

















    佳子さま、チャーミングですね!

    お姉さまにキム小室氏のことで助言をお願いします。目


















    0 0

     <明治安田生命J1リーグ第25節 札幌3―1神戸(1日・札幌ド)>

     


    ヴィッセル神戸FWルーカス・ポドルスキ(33)が、来日初のレッドカードを食らったそうです。0-1の前半ロスタイム、北海道コンサドーレ札幌MF深井へのスライディングタックルで一発退場。MFアンドレス・イニエスタ(34)も後半途中に交代し、9戦連続負けなし(7勝2分け)だった札幌に1-3で敗れたということです。






    1日に札幌ドームで行われたJ1第25節・北海道コンサドーレ札幌戦で一発退場となったヴィッセル神戸FWルーカス・ポドルスキが、一夜明けて自身のツイッター(@Podolski10)を更新したそうです。


    スタメン出場したポドルスキは、1点ビハインドで迎えた前半アディショナルタイム2分、足裏を見せる危険なタックルを札幌MF深井一希にお見舞いし、レッドカード。来日初の一発退場となってしまいました。


    さらに神戸の不運は続きます。後半10分に足の違和感を訴えたMFアンドレス・イニエスタが途中交代すると、1-2の後半38分にはFKの壁を作っている間に主審に笛を吹かれ、札幌DF福森晃斗に直接FKを決められました。


    神戸はそのまま1-3で敗戦。2連敗を喫しています。試合終了後のインタビューで吉田孝行監督は、ポドルスキの判定について「イエローだなとは思ったけど、まさかレッドが出るとは思わなかった」と語ると、FKのシーンについては「ちょっとよく分からないジャッジと言うか、ルール上はOKなんですけど、壁を作っている間に始められるのは初めて見たので、よく分からなかった」と、判定に疑問を呈したそうです。


    試合から一夜明け、ポドルスキは自身のツイッターで「アンラッキーな判定もあり、昨日は残念な結果になりました」と敗戦を悔やみましたが「何が起きても我々の目標のため、チームのために全力で闘い続けます」と前向きなコメントを綴ったということです。


     
























    神戸も鳥栖もなかなか勝てませんねー。。。

    ポドルスキはレッドで、トーレスはイエローですか。。。叫び













     







    <明治安田生命J1:東京0-0鳥栖>◇第25節◇2日◇味スタ>

     


    FC東京とサガン鳥栖は、互いに決定機をそれほど作れず0-0で終わったそうです。東京は8月26日の湘南ベルマーレ戦に続くスコアレスドローに終わった、一方、鳥栖の元スペイン代表FWフェルナンドトーレス(34)も不発に終わり、同日のガンバ大阪戦に続く2戦連続ゴールはならなかったそうです。

     

    前半17分、レフェリーに執拗な抗議を行ったFWフェルナンド・トーレスが来日初の警告を受けましたが、これは約2年前に適用された新ルールをめぐるものだったとみられるということです。














    ペタしてね






    0 0

    女性ファンがくらくらするようなレアショットが公開されました。
      

    サガン鳥栖の元スペイン代表FWフェルナンド・トーレスが、自身のSNSを更新。なんとそこにドドーンと掲載されたのは、色鮮やかな着物に身を包んだ本人のスペシャルカットで、織田信長を彷彿させるサムライに扮しています。Jリーグのオフィシャルブロードキャスティングパートナーである『DAZN』の新CMに登場するようです。
      

    F・トーレスは「遅かれ早かれ、サムライにドレスアップするつもりだった。それが今回、DAZNの友人たちの協力もあって、ついに実現したんだ。これからも日本の文化に適応していきたいね」と綴っています。



    公開後の反響は凄まじく、スペイン語と日本語で絶賛する声が後を絶たちません。「超かっこいい~」「クールすぎる!」「こんなにシビれるサムライは見たことないぞ」「なんだ、日本でサムライになったのか」「素晴らしいキモノだね」などなど。まるで映画やゲームの世界から飛び出してきたかのようなハマりっぷりです。
      

    天皇杯に続いてJリーグでも初ゴールを決め、尻上がりに調子を上げているF・トーレス。

    今後が楽しみだということです。



















    素敵ですね!ラブラブ






    0 0

    女優の永野芽郁がヒロインを務めるNHK連続テレビ小説『半分、青い。』(NHK総合/月曜~土曜あさ8時)の第133話が3日に放送され、佐藤健演じる律の、驚きの展開が明かされたそうです。


    連続テレビ小説第98作となる今作は北川悦吏子氏のオリジナル作品。故郷となる岐阜と東京を舞台に、ちょっとうかつだけれど失敗を恐れないヒロイン・鈴愛が、高度成長期の終わりから現代までを七転び八起きで駆け抜けるおよそ半世紀の物語。


    2年間のアメリカ勤務を終えた律は、菱松電機の課長として東京のアパートで働き始めました。引っ越したばかりの律のもとに、学生時代の友人・正人(中村倫也)らがやって来ます。


    1日に放送された第132話では、律が妻・より子に「もう一度やり直したい」と伝えていたものの、アパートにいる律のもとには意味深な電話がかかります。電話の後、律は正人に「養育費の確認」と苦笑いで明かし、ナレーションでは「律君はアメリカに妻子を呼んだもののやっぱりアメリカ。外国。より家族のストレスは溜まり、1月前に離婚が成立しました」と、離婚していたことが明かされました。


    ナレーションのみで離婚が明かされたことに、ネット上「まさかのナレ離婚!」「えー!前回話し合ってたのにナレ離婚か…!」「ナレ離婚衝撃的…」などの声が溢れ、「ナレ離婚」がTwitter上で一時トレンド入り。


    朝ドラの次に放送する同局系「あさイチ」(月~金、あさ8時15分)でも、司会の博多華丸が「待ってくださいよ、ちゃんと話し合ったやん、奥さんと…早すぎるよ…」「早すぎるよ、日曜挟んですぐばい。もうちょっと時間くれ、入ってこない」と突然の離婚に驚きを隠せない様子を見せていた。































    土曜日に5秒抱き合って別れたのに、月曜日には2年経過してまた再会って。。。叫び






































































    ペタしてね



    0 0

    J1ヴィッセル神戸の元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタは華麗なプレーで多くの人を魅了していますが、オフも家族と充実の時間を過ごして英気を養っているようです。自身の公式インスタグラムを更新し、鮮やかにライティングされた東京ディズニーランドのシンデレラ城をバックに撮影した夫婦2ショットを投稿しています。


    7月22日の第17節湘南ベルマーレ戦(0-3)でJリーグデビューを飾ったイニエスタは、第21節ジュビロ磐田戦(2-1)で華麗なターンからJリーグ初ゴールをマークすると、第22節サンフレッチェ広島戦(1-1)では豪快なミドルシュートを叩き込んで2試合連続ゴールの活躍を見せました。9月1日の第25節北海道コンサドーレ札幌戦(1-3)まで5試合連続スタメン出場を続け、チームに不可欠な司令塔として圧倒的な存在感を示しています。


    スペインの名手は札幌戦後に東京まで足を延ばし、夢の国・東京ディズニーランドを家族で堪能したようです。インスタグラムのストーリー(24時間で削除される動画・写真)を更新し、美人妻のアンナ・オルティスさんと2ショットを撮影。夜のシンデレラ城は鮮やかな色を放っており、二人は私服姿で笑顔を見せています。それまでもインスタグラムでディズニーランドを楽しむ様子を伝えていましたが、5日から再開するチーム練習を前にオフを満喫したようです。


    次節は15日の本拠地ガンバ大阪戦。チームはイニエスタ加入以降初の連敗を喫していますが、代表ウィーク期間中にチームの立て直しを図れるか。日本に順応してきたイニエスタがさらに輝きを放ちそうだということです。

























    日本を満喫して欲しいですね!合格

    足の違和感は大丈夫でしょうか?叫び








    来日して早2か月。バルセロナのレジェンド、そして現在はヴィッセル神戸でプレーするアンドレス・イニエスタは、日本語の勉強を熱心に行なっているようだ。


     イニエスタのインスタグラムに投稿されたその画像は、「Japanese Class(日本語教室)」と銘打たれており、隣には愛娘の姿が映し出されている。どうやら長女のバレリアさん(7歳)も勉強会に参加しているらしい。


      仲睦まじい親子ふたりは、立てかけられたホワイトボードの前に並び、イニエスタは黒、7歳の長女は赤い油性ペンを握っている。


      おそらくふたりが取り組んでいるのは、日本語とスペイン語を併記して覚えていく勉強法のようで、ローマ字で「Konbanwa(コンバンワ)」と記された下には、スペイン語での夜の挨拶「buenas noches」と記されている。


      そしてほかにも、「OHAYO(オハヨー)」「ARIGATO(アリガトウ)」といった挨拶に使う日本語や、数字の読み方などが、ローマ字で書き込まれている様子が分かる。


      来日直後は、「暑い」という言葉を覚えたと取材で答えていたイニエスタだが、最近はインスタグラムに「OYASUMI(おやすみ)」や「OHAYO(オハヨー)」といった日本語をまじえて投稿するなど、積極的に活用している。挨拶の言葉以外にも、様々な言葉を覚え、チームメイトやスタッフとコミュニケーションを図っているようだ。


      食事も和食に積極的にトライするなど、日本の文化に深いリスペクトを示しているイニエスタ。彼のこうした真摯な姿が、周囲の人たちやサポーターの心を打つのだろう。












    ペタしてね









    0 0

    テニスの全米オープンは5日(日本時間6日)シングルス準々決勝が行われ、男子では世界ランク19位の錦織圭(日清食品)が同7位のマリン・チリッチ(クロアチア)に2-6、6-4、7-6、4-6、6-4で勝利。女子も同19位の大坂なおみ(日清食品)が同36位のレシア・ツレンコ(ウクライナ)を6-1、6-1で破り、全米の日本女子史上初の4強進出を決めました。男女ダブルでの4強入りは史上初の快挙。錦織より先に勝利していた大坂は、錦織の勝利の瞬間、ツイッターを更新し絶叫。ファンの間で話題を呼んでいるそうです。


    ツレンコを圧倒し、女子史上初の全米4強入りを決めた大坂。同じセンターコートで自身の後にプレーした錦織の試合も当然のように気にかけていました。チリッチとの4時間超の死闘を制した瞬間、「KEIIIIIIIIIIIIIIIII」と絶叫ツイート。“兄貴分”とのセミファイナル進出に大興奮している様子が伝わってきます。


    このツイートには「2人ともおめでとう」「NAOMIIIIIIIIIIIIII」「決勝まで行って!」「ナイスな祝福」などとファンからのコメントが続々とつけれていたそうです。


    準々決勝の際には逆に先に勝利した錦織が、自身のSNSに大坂の試合を見守る写真を投稿するなど、お互いを気にかけています。刺激し合って歴史に残る快進撃を繰り広げているということです。




























    2人とも頑張って欲しですね!クラッカー





older | 1 | .... | 117 | 118 | (Page 119) | 120 | 121 | .... | 127 | newer