Are you the publisher? Claim or contact us about this channel


Embed this content in your HTML

Search

Report adult content:

click to rate:

Account: (login)

More Channels


Showcase


Channel Catalog


Articles on this Page

(showing articles 801 to 820 of 2524)
(showing articles 801 to 820 of 2524)

Channel Description:

こんにちは。ドイツ在住中に出逢ったバラックが、大好きになりました。主に、バラックとサッカーとドイツについて書いています。よろしくお願い致します。(^O^)/

older | 1 | .... | 39 | 40 | (Page 41) | 42 | 43 | .... | 127 | newer

    0 0

    今年も行ってきました、オクトーバーフェスト!クラッカー












     


     


      




    0 0

    日本ハムの中田翔内野手が16日、ソフトバンクとのCSファイナルステージ第5戦で3打数3安打1打点3得点1四球と活躍。

    4点を追う2回には追撃のソロ本塁打を放つなど大暴れ。

    4年ぶり7度目の日本シリーズ進出に導き、シリーズMVPに輝いたそうです。


    試合後はお立ち台に上がり、「本当に最高ですね。本当に背中を押してくれた。みなさんには感謝しています」とファンに感謝しました。

    左翼席中段まで運んだソロ本塁打については「完璧でした。ありがとうございます。最後まで諦めたらダメと思っていた。すぐに反撃できて良かったです」と自画自賛したそうです。


    この試合は全打席出塁の活躍。

    「さすがですね?」と振られると、「さすがですね、はい」と答え、場内を笑わせる場面も。

    「結果を残せているのはファンの方の声援があるからだと思います」と改めてファンに頭を下げました。


    また、「3番・DH」で出場しながら、9回にはDHを解除して「守護神」としてマウンドを上がり、日本最速165キロの直球を連発した大谷については「いや、すごいですね」と感嘆。

    大谷の圧巻の投球に、一塁上で思わず笑みを浮かべる場面もあり、「本当にすごいね、165キロ。なんかこう、あそこまで打って投げてとされたら、こっちが練習してるのがバカバカしくなってくるというか、すごくかっこよかったですね」と話したそうです。


    最後には「このままの流れで広島もみんなで1つになってぶっ潰しましょう」と誓った主砲。

    最高の流れで、日本シリーズに挑むということです。

















    来季、日ハムは中田翔選手と大谷くんの年俸が大変なことになりそうですね!叫び





     

















    0 0

    日本を代表する俳優で、映画祭などでも受賞歴のある浅野忠信さん。


    芸能界屈指の“モテ男”としても知られていますが、自身のTwitter上にこんな写真を投稿していたそうです。


    こちらは浅野さんが描いたと思われる絵画。モデルとなっているのは…日本代表の岡崎慎司?!


    浅野さんは絵を描くことが趣味で、自身が行う音楽活動ではライブのチラシでデザインを担当することもあるそう。


    また、Twitterに投稿される自由な絵や四コマ漫画は非常にシュールで、独特の世界観だと話題になっています。


    10月に行われた日本代表のワールドカップ予選からインスピレーションを得たのでしょうか。


    サプライヤーのロゴやエンブレムはボカされていますが、背番号「9」であることを考えるとこれは岡崎のはず。

    ペン一本でこれを描き上げたと考えると、その才能はやはり本物だということです。























    “画伯”と称される浜田雅功さんや田辺誠一さんとは一味違って、本格的ですね。

    しかも独特ですね!クラッカー



    http://ameblo.jp/liebeballack/entry-12134149205.html


    http://ameblo.jp/liebeballack/entry-12054100712.html




    日本代表の岡崎慎司選手!?





    Twitterに投稿されている自由な絵。
      







    ペタしてね


    0 0

    熊本地震は、観測史上初めて2度目の震度7を記録した本震の発生から、16日で半年となりました。


    被災地では仮設住宅の建設が進み、1万人余りが暮らし始めています。

    ただ、熊本市では高齢者のいる世帯が7割超。

    過去の震災では、慣れない生活で心身に変調をきたすケースも相次いでおり、熊本県は対策に乗り出しているそうです。


    県内では14日現在、16市町村に4052戸の仮設住宅が建設され、必要戸数の9割以上が完成。

    うち3889戸で1万335人が生活しているそうです。

    高齢社会白書によると、全国で65歳以上の人がいる世帯は5割弱ですが、熊本市内の仮設住宅では、入居する528世帯のうち393世帯(74%)に高齢者がいます。

    一人で暮らす高齢者も75世帯に上るということです。



















    被害者数の為か、熊本地震は実際より軽んじられているような気がしますしょぼん












    0 0

    マンチェスター・ユナイテッドのジョゼ・モウリーニョ監督は、17日に敵地アンフィールドで行われるプレミア第8節リバプール戦を心待ちにしているそうです。


    クラブ公式ウェブサイトによると、モウリーニョ監督は「アンフィールドでの試合は好きだよ。ビッグマッチに勝ったことがあれば、負けたこともあるけど、あそこの独特な雰囲気が好きなんだ」とリバプールのホームスタジアムの印象を語ると、「対戦相手が強ければ強ければ強いほど燃えるんだ。そしてリバプールは強敵だ。楽しみにしているよ」と興奮を隠せないようです。


    そして、これまで自身が率いてきたチームを引き合いに出し、「この試合はビッグマッチで、比べるならレアル対バルセロナ、インテル対ミラン、ポルト対ベンフィカのような一戦だ」と話しているということです。





    リヴァプールを指揮するユルゲン・クロップ監督は、17日に行われるプレミアリーグ第8節マンチェスター・ユナイテッドとの“ナショナル・ダービー“について語ったそうです。


    クロップと、ユナイテッドを率いるジョゼ・モウリーニョ監督は過去に5回対戦し、3勝1分け1敗という成績が残っています。

    中には両者の対戦にフォーカスするメディアもあるが、リヴァプールの指揮官は「これはモウリーニョとクロップの戦いではない」とクギを刺し、試合に集中していると話しました。


     「彼との対戦はいつも難しいよ。いつもいいチームを作っているからね。大変な試合になる。今回もね」


     「リヴァプールとユナイテッドが勝ち点3を巡って競い合うんだ。私が必要としているのはソレだけだ」


    リヴァプールは勝ち点3を獲得すれば首位のマンチェスター・シティらに並びます。

    一方のユナイテッドは勝てばリヴァプールと同じ勝ち点16となります。

    どちらが3ポイントを積み重ねるのでしょうか。試合はリヴァプールはのホーム、アンフィールドで開催されるということです。









    プレミアリーグ第8節は16日までに9試合を終え、マンチェスター・シティとアーセナルが勝ち点19で並び、勝ち点1差でトットナムが後を追う混戦模様を呈しています。

    そして17日にマンデーナイトマッチの大一番として、勝ち点16の4位リバプールと同13の7位マンチェスター・ユナイテッドによる上位対決が行われます。


    勝てば首位浮上のチャンスもあるリバプールを率いるユルゲン・クロップ監督と、今季から“赤い悪魔”を率いるジョゼ・モウリーニョ監督は、キャリアで6度目の直接対決を迎えます。

    過去の激闘を振り返ると、クロップ監督が3勝1分1敗と相性の良さで上回っています。

    英紙「ザ・サン」は特集で過去5度の対戦をプレーバックしているということです。



    ■ドルトムント 2-1 レアル・マドリード
    (2012年10月24日/CLグループステージ・第3節/会場:ジグナル・イドゥナ・パルク)


    ■レアル・マドリード 2-2 ドルトムント
    (12年11月6日/CLグループステージ・第4節/サンチャゴ・ベルナベウ)


    ■ドルトムント 4-1 レアル・マドリード
    (13年4月23日/CL準決勝・第1戦/ジグナル・イドゥナ・パルク)


    ■レアル・マドリード 2-0 ドルトムント
    (13年4月30日/CL準決勝・第2戦/サンチャゴ・ベルナベウ)


    ■チェルシー 1-3 リバプール
    (15年10月31日/プレミアリーグ第11節/スタンフォードブリッジ)














    否が応でも、この2人の対決は話題になりますよね!メラメラ















    0 0

    リバプールを率いるユルゲン・クロップ監督の自叙伝『ユルゲン・クロップ』が、このほどイングランドで販売が開始されたそうです。

    2014-15シーズンまでドルトムントを率いた稀代の名将が、 「監督人生最高のゴール」に日本代表MF香川真司のドルトムント1年目の一撃を挙げ、話題になっています。

    地元紙「リバプール・エコー」が、「クロップ~完璧なゴール、計画遂行、そして愚かなミスについて」と特集しているそうです。


    クロップは2010-11シーズンの第6節ザンクトパウリ戦(3-1)で生まれた決勝弾を、監督人生における「完璧なゴール」と振り返っています。主役は香川でした。


    1-1で迎えた後半5分のこと。

    元パラグアイ代表FWルーカス・バリオスが相手DFのパスを奪い突進。

    相手DFと1対1を仕掛けながら、スペースに巧みなパスを出すとドイツ代表MFマリオ・ゲッツェが反応します。

    ゲッツェはタッチライン際までボールを持ち込み、クロス。

    これに最高のタイミングで飛び込んだのは香川でした。

    右足でゴール左隅にダイレクトで決勝弾を叩き込みました。

    香川にとってはこれが、シーズン4点目となる一撃でした。


    「この瞬間に起きた以上に、ペナルティーエリアに自分の選手が4人も良いポジションに位置取りすることはありえない。組織立った攻撃の場面で、少なくとも3人はエリア内にいてほしい。願わくは、相手のペナルティーボックス内に4人、そしてエリアの近くには少なくともあと2人は必要だ」


    高い位置でボールを失った直後に高速プレスをかけて相手から奪い返し、その勢いのままショートカウンターを仕掛ける独自の戦術「ゲーゲンプレス」の使い手であるクロップ監督は、このザンクトパウリ戦の2点目で、フィニッシュの場面でエリア内にいた4選手のポジショニングの素晴らしさを振り返っています。


     「ゲッツェはゴールの右でボールを受けた。そして、ゴールラインまで突進し、ペナルティースポットには(ケビン・)グロスクロイツが立っていた。彼はシュートを打つこともできたが、そうしなかった。おとりになったんだ。なぜなら、それが我々のゲームプラン通りだったんだ。ケビンがシンジにシュートを打たせた。ゴールの隅にパスしたんだ」


    香川の兄貴分で、現在シュツットガルトでプレーする元ドイツ代表MFケビン・グロスクロイツが、ゲッツェからのクロスを巧みにスルーしました。

    グロスクロイツはこの試合で先制点を決めており、2点目も狙えるシーンでしたが、指揮官の指示通りにあえてスルー。

    そして才気溢れる当時21歳の香川が、ゴールの隅にパスをするような正確さで決勝弾を決めたということ。


     「もしも、シュートがポストを叩いていても、ベンダーが押し込めるように待っていた。それも計画通りだ。完璧なイメージだ」と指揮官は、この一連の攻撃シーンを振り返っているということです。
























    クロップ監督と香川の絆にはちゃんと理由があるんですね!クラッカー


    http://www.empireofthekop.com/2016/10/09/klopp-explains-the-greatest-goal-hes-ever-seen-which-sums-up-his-football-beliefs/





     




     





    ペタしてね



    0 0

    <リバプール 0-0 マンU プレミアリーグ第8節>


     現地時間17日にプレミアリーグ第8節の試合が行われ、リバプールとマンチェスター・ユナイテッドが対戦。

    両チームともにゴールを奪うことはできず0-0の引き分けに終わっています。


    両者の対決は”ノース・ウェストダービー”という伝統的な一戦として古くからサポーターたちに親しまれているリーグ戦の中でも、アーセナル戦やチェルシー戦、マンチェスター・シティ戦などと並ぶ大一番です。両者にとって負けられない戦いでもあります。


    ユナイテッドで背番号10をつけるウェイン・ルーニーはこの日もベンチスタート。

    試合は序盤から拮抗した状態が続く中、リバプールがチャンスを作る場面もありましたが相手GKのダビド・デ・ヘアがファインセーブを見せて得点には結びつきません。


    結局、リバプールとユナイテッドはお互いに無得点となり0-0の引き分けに終わっています。

    リバプールは8月20日のバーンリー戦以来、公式戦8試合ぶりのノーゴールとなり、公式戦5連勝と続いていた流れは今回の引き分けによりストップしているということです。




















    リバプール、残念でした。。。叫び









    0 0

    国賓として来日されたベルギー・フィリップ国王夫妻主催のコンサートが13日、東京都千代田区の紀尾井ホールで開かれ、天皇、皇后両陛下や皇族方が出席されたそうです。


    日本側の歓迎に対する答礼として催されたもので、ベルギー国立管弦楽団のメンバーら同国を代表する音楽家たちが出演。

    皇后さまが作曲された曲をサプライズで演奏するなど、外交関係樹立150周年を迎えた両国の友好ムードを盛り上げたということです。











    コンサートが行われる前に、皇族方がベルギー・フィリップ国王夫妻にご挨拶をされたのですが、その中でも眞子さまと佳子さまのされたカーテシーが初々しくて素敵だと話題になっています。


    カーテシーとは、片足を斜め後ろの内側に引き、もう片方の足の膝を軽く曲げ、背筋は伸ばしたまま挨拶をする、女性のみが行うヨーロッパの伝統的な挨拶です。
    ダイアナ妃のカーテシーも素敵でしたね!ラブラブ









     




    それに比べて、雅子さんって。。。叫び

     









    ペタしてね


    0 0

    天皇陛下の生前退位などについて検討する政府の有識者会議の初会合が、10月7日から総理大臣官邸で始まりました。

    会議では、憲法や皇室制度などの専門家15人程度から、天皇の国事行為や公的行為の在り方、負担を軽減する方策、それに退位に関する考え方など、8項目について意見を聴取する方針が確認されたということです。










    その生前退位などについて、的を得たブログがありましたので紹介します。




    天皇陛下「お気持ち」の真意/これは政治工作である


    1.天皇は神々と国民の仲介者


     天皇と国民は古来、一心同体の家族のようなもの。また天皇は古事記からの神々の末裔であるから、国民と神々を仲介し結びつける絆である。天皇は神々の代理として国民を愛し、それゆえに国民は天皇を敬愛する。また天皇の最も大事なおはたらきは憲法に定めた国事行為でなく、数々の伝統的神事である。天皇は神事を通して国民の安寧を祈る。


    2.天皇は日本の国柄そのもの


    天皇(制)は世界に類のない歴史と伝統をもつ日本の国柄そのものであり、男系男子の皇位継承などに代表される、そのしくみを安易に変えてはならない。


    3.象徴天皇には浅薄な意味しかない


    憲法でさだめた国民の統合としての象徴天皇との意味付けは、半分正しいが浅薄な意味しかないのであまり重要視しないし、この定義に振り回されるべきではない。


    4.天皇皇后両陛下は戦後左翼思想を信奉されている


    これまでの数々の護憲的発言や安倍内閣に暗に反対するコメントなどから、間違いないと感じている。また美智子皇后はその人脈、旧友、などからさらに左翼的思想を持っていることは間違いない。


    (以上、1の情報源は主に「馬渕睦夫著 日本国体の真実」など、4の情報源は主にブログ「BBの覚醒記録」など)


    ---


    今回はあえてネット上の情報をほとんど見ずに自分の感想を書いてみようと思う。
    (書き終わったら、ネット上の識者の意見とくらべてみようっと!)


    ---


    <天皇陛下「お気持ち」の真意>


    (1)徳仁殿下に早々に皇位を継承したい


    「お気持ち」の趣旨はこの1点に尽きる。論理的帰結として、陛下は「徳仁殿下に早々に皇位を継承したい」と仰りたいとしか考えられない。なぜなら、早期に退位をしたい。しかし自分が天皇のまま摂政を置くのは反対である。と仰っておられるからだ。


    (2)秋篠宮様が摂政になるのを避けたい


    ではなぜ現行法で認められている摂政を置くのに反対なのか?陛下は、摂政を置いても天皇が象徴天皇の役割を全うできない状態が続くことにはかわりがない、といった趣旨を述べられているが、矛盾した論法であり、あまり説得的ではない。そのための摂政制度なのだから。ということは、別の真意があるのだろうと考えざるを得ない。考えられるのは、摂政をおく場合、秋篠宮様のほうが断然ご公務を数多くこなされている実績があるから、摂政が秋篠宮様になる可能性が高いこと。それを避けたい。ひいては、皇位継承順位を見直す論議につながっていくのを回避したいということ。


    (3)憲法に自ら従属される天皇陛下


    全文のなかで「象徴」を8箇所も使用されている。普段のお言葉でもそうだが、あまりにも憲法に従属し過ぎである。現行憲法の成立過程には、アメリカの社会/共産主義者の長年の意向が反映されている史実をご存知ないのだろうか。言うまでもなく、社会/共産主義者イコール天皇制廃止論者であるのに。
    陛下の国民を愛し共に歩むお気持ちはひしひしと伝わってくる。この1点は陛下を敬愛するが、なぜ象徴天皇という概念と結び付けて語られるのだろうか?


    (4)世論を味方につけて政権を動かそうという手法をとった


    生前退位というより実体は「生前皇位継承」なのだが、法的に不可能であることは陛下もよくご存知のはず。そこで、天皇は国政に関する権能を有しない、といいつつ国民の理解を得たい、とおっしゃる。ここもまた矛盾している。そして天皇陛下ご夫妻は安倍政権が嫌いである。これは間違いない。安倍政権が続く限り、生前皇位継承も女系天皇もぜったいに実現しない。そこで国民の世論に訴える手法に出た、と考えるのが自然である。はっきり言って、かなり卑怯な手法である。
    小泉政権や民主党時代に、女系天皇の有識者会議などが設けられたが、天皇陛下はなんのお気持ち表明もしていない。女系天皇に賛成だったからだろう。安倍政権になってから、節目節目での護憲発言で政権を牽制する動きが際立ってきたのだ。


    (5)かならずライターと黒幕がいる。これは政治工作である。

    「お気持ち」全文は非常によく練られている、巧妙である、と感じる。お気持ちの吐露、というより多くの国民の支持を得るのが目的で作られていることが感じ取れる。今回のNHKなどマスコミの先走り報道ふくめ、とても陛下一個人の動きではない。戦略的な政治工作活動だ。文章もたいへん失礼ながら陛下ご自身の手になるものではないのだろうと思われる。黒幕はいくらでも思いつく。まずは美智子皇后。次に雅子妃の父の小和田氏。美智子皇后が頻繁に会っているという左翼的なご学友の女性(名前は忘れた)。


    <結論>


     これは陛下取り巻きの左翼思想集団による、政治工作である。表面上の目的は、秋篠宮殿下の皇位継承阻止、ひいては悠仁親王の皇位継承阻止である。真の目的は、左翼思想と人脈で皇室を乗っ取り、ひいては日本を乗っ取ることである。真の日本の国柄を守ろうとするならば、今回の一連のうごきは大いに警戒すべきである。















    正にこの通りですね!クラッカー








    ペタしてね



    0 0

    今年6月に74歳で亡くなった元ボクシングのヘビー級王者モハメド・アリが1974年のWBCタイトルマッチで獲得したチャンピオンベルトや、イスラム教改宗を表明する手書きの書簡など79点の遺品が、9月10日に競売にかけられたそうです。

    アリの死去後最大級のオークションとなりました。


    アリはザイールで行われ、「密林の決戦」と呼ばれたこの試合でジョージ・フォアマンを破って王座に返り咲きました。
     

    競売にはこの試合でアリが着用したトランクスや、1964年にヘビー級王者になった際に破ったソニー・リストンが着用したグローブなども含まれたそうです。
     

    今回競売にかけられた書簡は、アリが1964年2月18日にライフ誌に対し、イスラム教改宗と、カシアス・クレイの本名からモハメド・アリへの改名を表明したもので、最大10万ドル(約1000万円)超での落札が見込まれていました。
     

    WBCのチャンピオンベルトは、3回の王座獲得を果たしたアリのベルトとして初めて競売にかけられることとなり、60万ドルで落札されるとみられました。

    64年着用のトランクスは15万ドル、リストンのグローブは10万ドルで落札されるとヘリテージ社はみていたということです。






















    結局どれくらいで落札されたのでしょうか?目




    0 0

    ドルトムントの日本代表MF香川真司は、18日のUEFAチャンピオンズリーグ(CL)の敵地スポルティング・リスボン戦で、ブンデスリーガ開幕戦のマインツ戦(2-1)以来となる公式戦9試合ぶりの先発フル出場を果たしました。

    久々の出番を得ながら見せ場なしに終わった香川は、米メディアに先発選手で単独の最低点を付けられましたが、「もっともっとできるはずだ」と異例の奮起を促されています。

    チームは2-1で勝利し、2勝1分の勝ち点7でグループFの首位に立っています。


    4-1-4-1の右インサイドハーフとして先発した香川でしたが、見せ場はありませんでした。

    負傷者続出で野戦病院と化したドルトムントで徐々に出場機会を取り戻している香川ですが、ボールロストも散見。

    フル出場を果たしたものの、この日は課題の残るパフォーマンスとなっています。


     米スポーツ専門テレビ局「ESPN」の採点では、決勝点を決めたドイツ代表MFユリアン・バイグルが異例の10点満点を与えられる一方、香川はスタメン11人のなかでチーム最低となる6点。

    途中出場のMFセバスチャン・ローデと並ぶ最低評価でした。


     「香川は90分間で完全な確信を手にすることができていない。日本人は中盤センターでゲッツェの隣でプレーしたが、プレー判断であまりにも多く落胆させた。彼はもっともっとできるはずだ」


    プレーの判断ミスが散見されたと一刀両断される一方、“小さな魔法使い”と昨季ドイツメディアから呼ばれた香川の実力はこんなものではないはずだと、選手寸評では珍しく奮起を促されています。


    ブンデスリーガ前節のヘルタ・ベルリン戦(1-1)で途中出場し、相手FW原口元気のエリア内でのハンドを誘発するシュートや鮮やかなサイドチェンジのパスを通すなど復調の気配を見せましたが、流れに乗り切れていません。

    チームがCLグループステージ突破に向けて大きな1勝を手にするなかで、スタメン奪回を目指す香川は一歩後退のパフォーマンスとなってしまったということです。






    現地時間18日に行なわれたチャンピオンズリーグ第3節で、スポルティング(ポルトガル)に2対1で競り勝ったドルトムント(ドイツ)。

    試合後、地元紙『ルール・ナッハリヒテン』が各選手の採点を掲載しました。


    最高が2.0、最低が4.0となったこの日の採点では、トップスピードで相手をかわして先制弾を挙げたFWピエール・エメリク・オーバメヤン、プロ初ゴールを挙げたMFユリアン・ヴァイグル、何度かピンチを救ったGKローマン・ビュルキが2.0と評価されました。


    一方、ともに中盤でフル出場した香川真司とマリオ・ゲッツェ、これがCL初出場となった18歳のDFフェリックス・パスラックは4.0でした。


    同紙は香川について「8月27日以来の先発。(ブンデスリーガ前節の)ヘルタ・ベルリン戦とは異なり、今後に続くようなインパクトは残せず。平均点を下回る出来だった」と綴っています。


    また、ゲッツェについてはオーバメヤンのゴールをお膳立てした点は評価したものの「それ以降は異様なくらいに消えていた」との寸評を記しました。


    一方、この評価に異議を唱える声も。

    ファンの1人は「こういう採点が段々馬鹿らしくなってきた」「ゲッツェと香川が4.0なんて。こういう肉弾戦では目立たなかっただけの話で、出来が悪いわけじゃない。何度もボールを受け、パスを出し、2人とも最高の働きをしていた」との書き込みをしているそうです。


    なお、同紙はオンライン上で読者採点も募っており、日本時間8時現在では香川が平均3.7(194人の採点)、ゲッツェが同3.2(195人)、ヴァイグルが同1.6(196人)となっているということです。


























    どうしても香川選手への期待が大き過ぎ、辛口の批評になってしまうのかもしれません叫び






    0 0

    レアル・マドリードに所属するポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドの息子であるクリスティアーノ・ロナウド・ジュニア君が、デビュー戦でゴールを決めたそうです。

    16日付けのイギリス紙『サン』などが報じています。


    C・ロナウドの息子で現在6歳のクリスティアーノ君は、先日スペイン4部に所属するポズエロのユースチームに入団。

    契約を結んですぐにエル・カラスカル戦に出場すると、得点を決めて4-3の勝利に貢献したということです。


























    C・ロナウドはサンティアゴ・ベルナベウで開催されたエイバル戦の練習の隙間を利用し、息子クリスティアーノ・ロナウドJr.の試合を観戦したそうです。

    エイバル戦でガレス・ベイルにアシストを送ったロナウドは、息子のサッカーデビュー戦を見守り、場外に出たボールを拾いに行く姿も見られたそうです。


    当然将来を期待するには時期尚早ですが、フットボーラーとして始めの1歩を踏み出したのは事実。

    メッシの息子との対戦が楽しみですね!クラッカー




    http://www.foxsports.com/soccer/story/cristiano-ronaldo-acts-as-worlds-most-expensive-ball-boy-at-his-sons-first-game-100416




      


      

     

      



     

     




    ペタしてね


    0 0

    レアル・マドリーのジネディーヌ・ジダン監督は、フランスのフランソワ・オランド大統領が同国の代表チームに向けて批判を述べていることについて不快感を表しているそうです。17日、スペイン紙『マルカ』が報じています。


    これは、先日フランスで出版された『大統領はそれを言うべきではない』という自身について書かれた本の中で、オランド大統領がフランス代表について「代表チームと国家への忠誠心がない」「学のない子供が、リッチなスターとなる」「練習を減らして、脳の強化をする講義を行うべきだ」などと述べ、レアル・マドリーのカリム・ベンゼマについても「彼はモラル的に手本にならない」と述べ、話題になっていました。


    ジダン監督はこれに対し「サッカー選手について語られている全てのことが不快だ。選手の仕事に批判することはできるが、おかしなことは言うべきでない。選手たちが不快に思うのも当然のことだ。大統領が何を語ったのか正確に知る必要がある」と述べています。


    そして、ベンゼマに対しての発言には「彼が再び代表に召集されるかもという時にそういうことを耳にするのは問題である。それぞれが意見を述べることは出来る。だが、共有できない発言はある。それだけだ」とコメントしたそうです。


    最後に、オランド代表と話したいかという問いに対し「我々は二人とも多くの仕事があるから難しいだろうね」と切り返しているということです。






















    オランド大統領の発言は下品で失礼ですよね。

    サッカー選手にも、バラックのようにアビトゥーアを優秀な成績で卒業したインテリジェンスの高い選手もいます合格







    0 0

    世界の都市の総合力を民間のシンクタンクが発表した2016年の”世界の都市総合力ランキング”によると、08年の調査開始以来4位が続いていた東京はパリを抜いて3位になったそうです。

    訪日外国人客の増加で文化・交流分野の評価が高まっています。


    1位は5年連続でロンドン。2位はニューヨーク。前年3位だったパリは、同時多発テロの影響で訪問者数が減ったのが響き4位に落ちたそうです。


    ランキングは文化・交流の他、経済、交通・アクセス、研究・開発など6分野で世界の主要42都市を評価したもの。


    東京は経済で1位を維持。

    羽田空港の国際化が進み、交通・アクセスでも評価が上がっています。

    国内では大阪が22位(前年24位)、福岡が36位(同35位)。

    アジアではシンガポールが5位、ソウルが6位、香港が7位で、それぞれ前年の順位を保ったということです。




     



















    東京は4年後のオリンピック・パラリンピックも控えています。

    ますますの発展を期待しますクラッカー
















     












    0 0
  • 10/20/16--05:59: まさか??
  • 東宮家の愛子さまに影武者疑惑があるのはよく知られていますが、何と皇后美智子さまにも影武者がいると言われています。


    今回のベルギー国王夫妻の来日の際に、皇居で行われた歓迎式典に出席された美智子さまは、影武者?叫び

    ちなみに本日10月20日は、美智子さまの82歳のお誕生日です。


    ところで、雅子さまは21日から2泊3日の日程で予定していた第16回全国障害者スポーツ大会出席のための岩手県訪問を、愛子さまの看病のため、ドタキャンしたそうですね叫び







    http://ameblo.jp/liebeballack/entry-12194552710.html


    http://ameblo.jp/liebeballack/entry-12159354209.html






     

     




    左奥の美智子さまによく似た女性が、美智子さまの影武者で歓迎式典に出席?



     









    影子(左)と愛子さま。






    ペタしてね




    0 0

    元衆院議員でタレントの東国原英夫氏が20日、都内で行われた「ビタブリッドC新商品発表会」に、モデルの田中亜希子、平子理沙、美香さんとともに出席したそうです。


    2014年より同商品の宣伝担当執行役員を務める東国原氏は、頭皮ケア商品のCMにも出演しており「うちの師匠のたけしさんが爆笑していました。師匠は地上波は見ず、BSやネットしか見ていなくて、そこであのCMを見たらしくて、『なんだアレは』と鬼の首を取ったかのように電話がかかってきました」と打ち明けたそうです。


    そんな北野武さんがフランス政府から「レジオン・ドヌール勲章」を受章することになりましたが、前日、番組収録でたけしさんと会ったそうで「『おめでとうございます』って言ったら、前にコマンドール賞も取ったから、黒澤(明)さんはレジオン・ドヌールしか取っていないので『俺は黒澤を超えた』って言っていました。ちょっとコレ(天狗)になっています」と告白して報道陣を沸かせたそうです。

    さらに賞金が出ないことを理由に、たけしさんが紫綬褒章の受章を断ったと言っていたことも明かした東国原氏は、たけしさんから怒られないか心配されると「相当怒られますよ。何でもかんでもしゃべりやがってって」と我に返っていたということです。


























    紫綬褒章は天皇陛下の名で学術・芸術・文化の功労者に授与される褒章。東国原さんによると、「紫綬褒章を断った文化人は初めてらしいです」。

    5月、東国原さんは、88歳の実母に認知症の症状があり、「僕をなぜか福山雅治と思い込んでいるんですよ。テレビに福山雅治が映ると『英夫が出てる』というんです。もしかしたら、オヤジと出会う前に福山と似た人とつきあっていたのかな」と、言っていましたね。
    今回もかなり創作もあるのでは?と思います叫び












    0 0

    人気イラストレーターのJERRYが、欧州サッカーをファニーな4コマ漫画で切り取る「GOOD TIMES BAD TIMES」。



    第11回の主役は、今夏からマンチェスター・Uを率いるジョゼ・モウリーニョ。


    10月17日のプレミアリーグ8節でマンチェスター・Uは、アウェーで宿敵リバプールと対戦。

    守備的布陣を引いてディフェンスを固め、プレミアのここ4試合で13ゴールと破壊的な攻撃力を誇る敵を無失点に抑えてスコアレスドローに持ち込み、勝点1を持ち帰っています。


    試合後、モウリーニョは「とても難しい試合だったが、我々は完全に支配していた。戦術だけでなく、エモーショナルな面でもね。とても良いパフォーマンスだったと思う」と自信たっぷりのコメントを残しました。


    しかし、ユベントスからポール・ポグバを引き抜くのに使ったサッカー史上最高額の1億1000万ユーロ(約132億円)を含めて、今夏は欧州2位の1億8500万ユーロ(約222億円)もの大金を投じて“豪華なバス”を作りながらも、バランス重視のサッカーを実践する指揮官には、徐々に批判の矛先が向けられつつあるそうです。

    マンチェスター・Uは伝統的に攻撃サッカーを志向してきただけに尚更です。


    10月23日のプレミアリーグ9節には、敵地スタンフォード・ブリッジでチェルシーと対戦するマンチェスター・U。

    はたしてモウリーニョは、この古巣とのビッグマッチでも豪華なバスをゴール前に駐車させるのでしょうか?
























    古巣チェルシーとの対戦も楽しみですね!目


    http://ameblo.jp/liebeballack/entry-12207364305.html







    0 0

    C.ロナウドのパック姿が面白すぎると話題になっています。















    まじ!?

    でも確かにお肌つやつやですよね!目








    ペタしてね



    0 0

    クラシック音楽界の巨匠グスタフ・マーラーの希少な直筆の楽譜が競売にかけられることになり、香港で公開されたそうです。


    競売を主催するサザビーズによると、この全232ページの楽譜は交響曲第2番「復活(Resurrection)」の完全な自筆譜。

    英ロンドン(London)で年内に競売にかけられ、落札予想価格は手書きの楽譜としては史上最高値の350万ポンド(約4億5600万円)。


    オーストリアの作曲家・指揮者マーラーは10曲の交響曲を手掛けましたが、サザビーズによると、完全な楽譜が競売にかけられたことはこれまでに一度もないということ。

    「これは本当に優れた歴史上の偉人の手書きの楽譜を手にする一生に一度あるかないかというチャンス」と担当者はコメントしているということです
    .
























    これは凄いですね!クラッカー








    0 0

    世界で一番年間観客数の多い10のプロスポーツリーグで、最も観客数の多いサッカーリーグはプレミアリーグのようです。23日にイタリアの『カルチョ・エ・フィナンツァ』が伝えています。


    同紙によると、世界で最も観客数が多いプロスポーツリーグはメジャーリーグベースボール。7370万人の総観客数を誇り、1試合平均観客数は3万500人で30チームによって合計2417試合が行われます。


    次に多いのが日本プロ野球。

    総観客数は2420万人で1試合平均観客数は2万8200人。合計で858試合が行われます。


    3位はナショナル・フットボール・リーグ(NFL)。

    NFLは1試合平均観客数が最も多く6万8400人で総観客数は1750万人。


    そして4位がプレミアリーグです。

    総観客数は1380万人で1試合平均観客数は3万6400人。合計で380試合が行われます。


    5位はブンデスリーガ。

    総観客数では1320万人とプレミアリーグに劣りますが、1試合平均観客数は4万3300人で上回ります。1試合平均観客数が最も多いサッカーリーグです。


    スペインのリーガエスパニョーラは1試合平均観客数が2万8200人、総観客数は1070万人で6位。


    7位が1試合平均観客数1万7500人で総観客数970万人のイングランド2部のチャンピオンシップとなっています。


    そしてイタリアのセリエAは1試合平均観客数が2万2600人、総観客数は860万人で8位。


    9位が1試合平均観客数2万900人で総観客数790万人のフランスのリーグアンとなっています。


    10位は韓国のプロ野球KBOリーグ。総観客数は730万人で1試合平均観客数は1万200人となっているということです。


























    ブンデスの方がプレミアより年間観客数も多いと思っていました。

    理由は簡単で、プレミアの方が、年間の試合数が多いからですよね目





older | 1 | .... | 39 | 40 | (Page 41) | 42 | 43 | .... | 127 | newer